2013年12月23日

クリスマス・キャンドルコンサート

2013年JAZZ-21の演奏の締めくくりは北國新聞赤羽ホールで毎年開催される第143回芸文協コンサート「クリスマス・キャンドルコンサート」です。

北陸学院高等学校のハンドベルクワイアにはじまり、もりのみやこ少年少女合唱団、石川県洋舞連盟のバレー、もりのみやこ合唱団(大人の合唱団)と続き、私達はトリを勤めさせていただきました。



一年に一度、この時期にしか演奏しないクリスマスソングから「Winter Wonderland」と今年初めて披露する「The Christmas Song」、

Dscf9905.jpg

バリトンサックスフィーチャーで「Prelude ti A Kiss」

Dscf9913.jpg

クラリネット・フィーチャーで「Begin The Beguine」、

Dscf9943.jpg

最後にはトランペットセクションがフロントに勢ぞろいして「Bye Bye Blackbird」を演奏しました。

Dscf9958.jpg

とても響のよい赤羽ホールでの演奏は気持ちのよい締めくくりになったと思います。

来年は早々5日から「金沢市文化ホール」にて金沢ジャズ連盟主催のコンサート「JAZZ GATE」でスタートです!


以下、バンドリーダーからの寄稿です。

12月23日はクリスマスキャンドルコンサートに出させていただきましたが、なんと今回で4回目の出演だそうです。とてもありがたいことだなぁと思いました。

2013年最後の演奏ということもあり、メンバーそれぞれがいろいろなことを考えながら臨んだコンサートだったのではないかなと思います。

個人的には反省すべき点がたくさんありましたが(というか反省すべき点しかないのですが…)いいコンサートになったのではないかなと思います。

最近はメンバーそれぞれの個性がよりでてきて(いい意味で)、これからこんな曲に挑戦したら面白いんじゃないかな、これからjazz-21はどうなってくのかな〜、と思うことが増えた気がします。
それはメンバーそれぞれがなんらかの努力をしているからではないかなと、母親のような気持ちになります。そんなことをいえる立場ではないんですけどね…

わたしも残り少ないコンサートで成長できるように頑張らなくては…!

バンドリーダー(N.Y)



posted by JAZZ-21 staff at 00:00| Comment(0) | イベント報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。